2007年06月13日

地に落ちた日本人!

地に落ちた日本人!国から指定取り消し処分を受けた訪問介護最大手「コムスン」の親会社「グッドウィル・グループ」の折口雅博会長が8日午後に会見を開き、謝罪した。折口会長は、処分逃れのために事業所の廃止を繰り返すことを了承していたことも認めたが、脱法行為との認識はなかったことを強調し、涙ながらに事業の継続を訴えた。また厚生労働省の“事業譲渡凍結”の指導については、「お客様の介護を第一に考えて、今後検討したい」としている。折口会長は現職にとどまる意向だが、コムスンの樋口公一社長は責任を取って辞任することを表明した。
ベビーフット キットで、赤ちゃんみたいなツルスベ素足に!ベビーフットキットは、自宅でお手軽エステサロン並のフットケア!ベビーフット キットは、かかとや足裏の角質を除去。素足になることが増える夏の準備はOKですか?
悲しい最低のパフォーマンス!村瀬長官ら社保庁職員がチラシ配り
8日朝、全国47都道府県で、社会保険庁の村瀬清司長官をはじめとする職員3700人が街頭に立って22万枚ものチラシを配り、年金問題で不安を与えたことへのおわびと、年金記録のチェックを呼びかけた。一方、総務省は、年金記録漏れ問題の原因と責任を追及するために設置される検証委員会のメンバーに、前検事総長の松尾邦弘氏ら7人を起用することを発表した。今月14日に初会合を開き、秋ごろに報告をまとめる方針。菅総務大臣は「隅から隅まで徹底した調査を行いたい」としている。
アットwordなお友達
秘密を守り切ります低反発ジェルパッド:梅雨対策S LINE MAXエスラインマックス低反発ジェルパッド 朝までクール朝までクール美整体 骨盤ステッパー:マックスターボ:ターボセル:バイブロシェイプ:ハタケシメジ:低反発冷却ジェルパッド 朝までクールモデリート エクストラクラッシュ
板橋の死体遺棄、不明男性は生存
東京・板橋区のマンションの一室から大量の血痕などが見つかった事件で、行方がわからなかったこの部屋の住人、大久保憲義さん(29)が生存していることが確認された。警視庁によると事件発覚後、大久保さんは知人の男性と携帯電話でメールのやり取りをしていて、この知人は言葉遣いなどから「本人であることは間違いない」としている。しかし、メールでは事件について何も触れられておらず、電話を鳴らしても応答はなかったという。電波の発信地は、事件現場の板橋区を含む東京都内だった。警視庁は、事件当日にマンション横の駐車場で目撃されたピンクのワンボックスカーのイラストを公開して行方を追うとともに、部屋から運び出された遺体は、大久保さんとは別の人間と断定して捜査を進めている。
posted by jyun12 at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。