2007年03月30日

プルーンはバラ科のセイヨウスモモノ一種

プルーンはバラ科のセイヨウスモモノ一種(乾果専用種)で、長寿地帯のコーサカス地方とカスピ海に近い西アジア地方が原産である。腐らせずに乾燥できるので干しスモモに用いられる。欧米ではミラクル(驚異の)フルーツ、ワンダー(不思議な)フルーツと呼んで活用し、アメリカの病院では妊婦にプルーンジュースを飲ませて便秘や貧血の予防に役立てている。
プルーンに含まれるビタミンAは多くの果実に比べ数倍、数十倍と多く、B1も小麦胚芽と並ぶほど多い。そのほかB2、ナイアシン、生長促進のパントテン酸、ピリドキシンなど、豊富なビタミン類をバランスよく含有している。また、重要な機能を持つミネラル類が多く、カリウムやリンをはじめ、血液を正常に保つ働きがあるカルシウム、鉄、マグネシウムなども豊富である。

インターマーゼSPはむくみに悩む方の手助けを目的とした強力な製薬会社開発の処方成分を配合した下半身ダイエット用サプリです。イノシトールをはじめ、エルカンプーレやウコン、アーティチョーク、そして製薬会社提供成分のウラジロガシエキスを配合した贅沢な成分内容です。脚のむくみから全身までを考えたインターマーゼSPであなたのむくみ対策とダイエット、デトックスに是非お役立て下さい。
今や男性の3人に一人、女性の5人に一人は肥満という時代です。肥満王国日本はますます運動不測と過食により欧米化の道をたどっています。誰もが健康的に無理なくダイエットしたいと思っています。そんな貴方にぜひお奨めしたいのが本商品です。ダイエットは食事で摂取するカロリーと日常の生活や運動で消費されるカロリー(エネルギー)の加減で決まります、本来は日常の生活で毎日少しずつ運動量を増やすだけでもダイエットは可能なのです。
しかし、ストレスの多い現代人はなかなか運動する時間もとれないのです。そんな貴方に是非お奨めしたいのが本商品です。ノルマックスは健全で健康的なダイエットライフを応援します。是非日頃の健康維持にもお役立てください。 一番望ましいダイエットの過程は体重が増減しながら長期的に痩せていくということです。それほど食べていないのに痩せないということは消費するカロリーが少ないか基礎代謝量が落ちているのだと思います。
平均で一日の女性成人でも2000Kclは毎日消費しなければなりません。ちなみに成人の方が運動で例えば300kcal消費するのに散歩ですと110分程歩かなかればなりません。
プルーンは古くから貧血に効くことが知られており、アメリカで行った動物実験(1933年)でも既に、貧血を治すプルーンの能力は食品としてレバーについで高く、ホウレン草やキャベツよりも優れていることが報告されている。また、便秘に効くので、朝食にプルーンを食べる習慣は欧米人の生活の知恵とされる。悪性の便秘が治った例もあり、優れた自然の便秘薬といえるが、この効用については、カリフォルニア大学のエマーソンの研究によると、プルーンには水にもアルコールにも溶けやすい緩下作用のある物質が存在するからだと述べている。
健康食品のプルーンは、乾燥したプルーンのエキスをペースト状やゼリー状に食べやすく加工したものや、粒状タイプのものがある。
posted by jyun12 at 14:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

コンドロイチン硫酸の薀蓄

コンドロイチン硫酸の薀蓄
動物の細胞、線維、組織、器官の間を結び付けて、それらの支持、保護、栄養補給の役目をする組織を結合組織といい、その主要成分はムコ多糖体と呼ばれる粘性物質(ネバネバ成分)であるが、コンドロイチン硫酸はその重要な構成成分のひとつで、骨の形成、傷の治癒、感染防止(免疫体の産生)などの生理作用を持つ物質である。
 19世紀半ばに動物の軟骨の研究から発見された物質にコンドロイチン(軟骨という意味のギリシャ)という名が与えられたあと、ようやく1946年になってその化学構造が決定されたが、その薬理作用については早くから注目が集まり、すでに1936年には偏頭痛、抗潰瘍の薬剤として臨床実験が行われたという古い歴史を持っている。


 コンドロイチン硫酸は、体内ではタンパク質と結びついたコンドロムコ蛋白という形で、主に皮膚、血管壁、軟骨、人体、関節、眼球、角膜、粘液、各臓器などに分布して、後述のような様々な働きをする。しかし、若い成長期には体内でも生合成されるのであるが、加齢とともに産生されなくなり、欠乏症を招いたり、例えば皮膚の保水性や潤滑性が失われて老人性の皺やカサカサ肌の原因となったりするので、どうしても外部から補給しなくてはならないのである。


夕張市の第3セクター、夕張観光開発は4月にも法的整理を申請し、会社を解散する方針を固めた。全事業を加森観光(札幌市、加森公人社長)などに引き継ぐことが固まり、存在意義がなくなると判断した。昨年11月に自己破産を申請した石炭の歴史村観光に続き、夕張破綻の象徴である観光関連の3セクが姿を消すことになる。


テレビCMで話題のイージーファイバーは1パックでレタス約2個分の食物繊維にダイエットによいアミノ酸を配合しました。運動することで脂肪を燃焼します。どんな飲み物・料理にもサッと溶け、ゼラチン状になりません。また脂質・コレステロールが気になる方にも、お召し上がりいただけます。イージーファイバーにさらにダイエットパワーがを強化した本商品を健康生活にお役立てください。
ブログサイトをご紹介します。Bloggerは googleのブログサイトとしても人気ですね。
最近気になる話題最近気になるお話は身近な話題やニュースをとりあげるお奨めのブログサイトです。< コンドロイチン硫酸の薀蓄
 コンドロイチン硫酸の体内における生理作用としては、@線維(コラーゲン、エラスチン)や細胞群とともに結合組織を構成し、体細胞が正常に生存できる基盤となる、A組織に保水性、潤滑性、弾力性を与え、栄養分の消化吸収・運搬・新陳代謝を促進する、Bカルシウムの代謝に深く関与して、骨の成長、骨折の回復、骨粗しょう症の防止する、C傷ついた皮膚や組織の参照を補修する、D血液中のコレステロールや過酸化脂質を除去し(脂血清澄作用)、動脈硬化や高血圧を予防する、E関節軟骨の成分の27〜43%も占めて、関節・靭帯・腱の弾力性、円滑性を保つ、F皮膚のみずみずしさ、若々しさを向上させる、G目の角膜や水晶体の透明性や弾力性を保持する、H細胞の増殖を促進し、精子を増殖する(造精作用)、などがあげられ、こうした作用が実証されていく過程で、コンドロイチン硫酸は動脈硬化、解毒、代謝異常、腎疾患、難聴、炎症などへの薬理効果が次々に明らかにされ、わが国でもすでに腎炎、ネフローゼ、リウマチ、神経痛、腰痛、五十肩、肩こり、夜尿症、眼疾患、脱毛症などを適応症とする医薬品に用いられている。
 一般の食物として植物性、動物性を問わずネバネバしたもの、例えば納豆、山芋、オクラ、なめこ、海草、フカひれ、ツバメの巣、スッポンなどに若干含まれており、植物性よりも動物性のほうが体内の効率は高いのであるが、いずれにせよ含有量がそれほど多いわけではない。そこでこの優れた機能性を誰もが日常的に享受して、老化防止や健康の維持回復を図りやすくした健康食品も各種開発されており、原料にはサメの軟骨、牛の軟骨が用いられている。
お奨めのペットフードはヒルズサイエンスです。お医者様も推薦のドッグフードなんですね。 あっという間に歯を白くするtooth proが話題になっている。ビームスリック トゥースプロフェッショナル(TOOTH PRO)は、歯を傷つける研磨剤は使用していません!ビームスリック トゥースプロフェッショナルは、実際に歯科医院で使われているだけあって、汚れを落とす力が違います!第一印象は、歯のきれいな笑顔できまるんだとか・・・・
ハチの子100バイタルビーは、アミノ酸やミネラルがバランスよく豊富に含まれている今話題の蜂の子の栄養補助食品です。原料のハチの子は、生まれて21日目の羽化直前のオスを使用し、しかも、栄養成分を損なうことなく粉末カプセル化しているので、とても新鮮です。すぐれた栄養価のある蜂の子は、多くの国で昔から健康のために食べる習慣があります。本品は、昔からの知恵を生かして、中国と日本の共同研究で開発された栄養補助食品です。不規則な生活や食事が気になる方にハチの子100バイタルビーはおすすめです。

posted by jyun12 at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

シルク(絹)

日本の安全を護る警察庁、治安のよいのがこの国の誇りです。火事や火災、災害時に頼りになるのが消防庁です、日々の訓練ご苦労様です。 我が家に届いたダイエット器具・・・ブルブル振動する優れものです。ダイエット器具の名前はビューティーマシンです。10分間乗っているだけで1時間分のトレーニング効果があるという運動嫌いの私には本当にありがたい健康器具です。テレビショッピングでよくやっている商品ですが、これほどまでにブルブル振動が身体に伝わるものだとは思っていませんでした・・・日頃の不摂生のせいで身体についた脂肪をこれでなんとか落としたいものです。
シルク(絹)が優れた天然素材であることはことを俟たないが、本来の繊維としての需要は、このところ他の素材に追われて低迷を続けてきた。しかし、あまりにも伝統的に完璧な繊維素材であったために、タンパク質の宝庫であることは分かりながら、絹を繊維以外の分野で新たに復活させようという発想は、なかなか生まれるものではなかった。
この壁をクリアして、絹の機能性食品化に道を開いたのは平林潔(信州大学教授)らである。
 蚕が作る絹糸は、二条の絹フィブロン(絹糸フィブロイン)という水溶性の繊維タンパク質を、セリシンという水溶性のタンパク質が被覆する形をとっている。全体の80%を占めるこの絹フィブロンは、分子量が30万以上もある高分子であるため、食べても消化吸収することはできない。しかし、希薄な炭酸水素ナトリウム溶液で外側のセリシンを取り除いたあと、アクチナーゼなどの酵素、もしくは塩化カルシウム、酸による加水分解などを行うことによって、絹フィブロインは飛躍的に分子量の小さいアミノ酸やオリゴペプチド(10個未満程度のアミノ酸が連なった比較的小さいタンパク質)にまで分解され、爽やかな甘みを有する水溶液、または粉末が得られる。これによって消化率は90%台にまで向上するため、機能性成分としての食効が期待されるのである。
 絹フィブロインは、バリン、フェニルアラニン、スレオニン、イソロイシン、ロイシン、リジン、トリプトファン、メチオニンという必須アミノ酸(重量比合計7.7%)のほか、グリシンの重量比35.5%を筆頭に、アラニン、セリン、チロシン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アルギニン、シスチン、ブロリン、ヒスチジンなど計18種のアミノ酸からなるが、食べるシルクはこれら貴重なアミノ酸の集合体ということになる。
 従来のアミノ酸研究によって、例えばアラニンのアルコール代謝促進(悪酔いの防止効果)、グリシンやセリンの血中コレステロール低下、チロシンの痴呆症予防効果などが報告されているが、平林らは水溶性シルク粉末を用いたラットの実験によって、いずれの効果も確認している。
 とりわけ注目すべきは、生活習慣病の中でも圧倒的に患者または予備軍の多い糖尿病に対し、シルク粉末投与が血中のインスリン濃度をほぼ倍増させる(例えば5.33mg/kg→11.43mg/kg)ことが実証されたことであろう。これは絹ペプチドのアミノ酸構造が、細胞壁のインスリンレセプターの構造に似ているため、速やかに吸収され、その活性を高めるためと考えられている。
 また、アトピー性皮膚炎への効果は、シルク粉末の主要な機能成分であるオリゴペプチドが、過敏な自己免疫作用を抑制するためと見られる。さらに、痴呆症の予防効果は、ドーパミンなど脳内伝達物質の調整作用によると考えられている。いずれの働きも現代人特有の肉体的悩みを癒す働きを持つものであり、繊維の王者・絹にふさわしい見事な復活として歓迎されることであろう。 またまたお奨めの健康ブログです。
日頃の不摂生のせいで身体についた脂肪をこれでなんとか落としたいものです。健康と安全そして環境について、私たちの日々の暮らしの中で最も重要な環境との共存について考えています。無料ホームページで有名な忍びのサイトはお奨めのコンテンツがたくさんです。お奨め情報、最新情報をお奨めします。
posted by jyun12 at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。